日本農産工業

「ヨード卵・光」を思わず手に取りたくなるような企画

企業サイトへ

課題について

課題となる企画の目的・目標

商品を「知ってる」だけの状態から、「購買したい」という状態にすることです。「健康に光を」の思いを込めた商品ですが、ただ「高い卵」というイメージが強いようです。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

20歳代~40歳代の若い世代の方や、健康のために毎日の食事に気を使う方にも食べていただきたいと考えております。現在は、50歳代以上のヘビーユーザーに支えられております。市場を見ると、やや増加傾向にあり、市販用では栄養素や鮮度にこだわった商品が数多く発売され、選択肢が増えています。

課題の訴求ポイント

当社は飼料メーカーとして、鶏のエサにもこだわり、卵のおいしさと健康に関する研究を長年続けてきました。「ヨード卵・光」はふつうの卵に比べ、コクが3.56倍あることや、調理したときの仕上がりの良さが特徴です。食品スーパーを中心に全国に配荷され、認知度はおよそ80%です。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

基本的には自由な発想で考えていただきたいのですが、長年実施している、「光シール」を集めるキャンペーンと重複しない企画で、店頭での販売につながるアイデアを希望します。予算については、1000万円以内を想定しております。

(日本農産工業 ヨード卵部 営業支援グループ)

関連記事

日本農産工業の「ヨード卵・光」が望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。