日本航空

20代の社会人がJAL CLUB ESTに入りたくなるような企画

企業サイトへ

課題について

課題となる企画の目的・目標

「JAL CLUB EST」の認知度を拡大し、20歳代の社会人に入会していただくこと。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

JALや飛行機になじみのある方に限らず、幅広く20歳代の方々にも、「JAL CLUB EST」を通して「マイル」を身近に感じ、趣味や旅行に活用して、日常が豊かになる体験をしていただきたいと考えています。大手カード会社は若年層の囲い込みを目的とし、学生や20歳代限定など、若年層向けのカードを発行しています。また、年会費無料のクレジットカードが一般化したことで「年会費の必要なクレジットカード」に抵抗を抱く方が多く存在しています。

課題の訴求ポイント

「JAL CLUB EST」会員向けアンケートでは、「JALの上顧客向けの空港ラウンジ(サクララウンジ)の利用」や、「通常36カ月のマイル有効期限を60カ月へ延長」など、通常のJALカードにはない「JAL CLUB EST」限定のサービスが大変好評です。「得した気分になる」「マイルが使いやすくなる」といったお声を多くいただいております。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

手法の指定はありませんが、空港、機内でのイベント実施はNGです。予算感は、700万円以内。ただし、インセンティブを多く提供する施策はNGです。

(日本航空 マイレージ事 業部事業戦略グループ主任 野田彬氏)

関連記事

「JAL CLUB EST」が望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。