セブン-イレブン・ジャパン

セブンプレミアムのお惣菜・冷凍食品を食べたことのない方が、思わず買ってみたくなる企画

企業サイトへ

課題について

課題となる企画の目的・目標

「セブンプレミアム」のお惣菜、冷凍食品を食べたことのない方に、セブンイレブンで購入いただくことです。継続的な購入につながる、斬新なアイデアを期待します。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

セブンプレミアムを支持されている40歳代~60歳代に日常的な購入を促す、また、購入経験の少ない20歳代~30歳代に向け、購入のきっかけを作りたいと考えています。中食市場は右肩上がりで、2017年度には10兆円を突破する見込みです。背景には、女性の社会進出や高齢化、健康志向、安全・安心など、生活ニーズの多様化があります。セブンプレミアムの「冷蔵食品のお惣菜」「冷凍食品、冷凍食材」も伸び続けておりますが、買ったことのある方は来店される方の約1割で、まだまだ日常的に利用されていないのが実態です。

課題の訴求ポイント

主菜、副菜など幅広い品揃えで、直近ではサバやホッケ、紅鮭、イワシ、カレイ、シシャモといった、「魚惣菜」にも力を入れています。来店が増えている中高年層や女性客の購買により、年間販売累計5000万食を突破する見込みです。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

投資対効果が見込めるのであれば予算設定は自由、店頭、SNSなど、どんなメディアでもかまいません。

(セブン-イレブン・ジャパン プロモーション企画担当 荒木康貴氏)

関連記事

セブン-イレブンが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。