スタジオアリス

スタジオアリスで赤ちゃんの写真を撮りたくなるようなアイデア

企業サイトへ
企業担当者から直接話を聞くチャンス! 課題オリエンテーション開催 企業担当者から直接話を聞くチャンス! 課題オリエンテーション開催

課題について

課題となる企画の目的・目標

いままで写真館で写真を撮ったことのない方々が、「スタジオアリスで写真を撮ってもらいたい!」と思う企画をお願いします。とくに子育て真っ最中のママが思わずスタジオアリスへ行きたくなるような斬新なアイデアを希望します。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

日本の生活文化の中で、誕生から1歳まで、赤ちゃんの健やかな成長を願う通過儀礼は、特別な日「ハレの日」として長く受け継がれてきていますが、習慣(お宮参り・百日祝い・初節句・お誕生日)が薄れつつあります。「ハレの日を祝う」という文化を大切に考えるスタジオアリスは、この日を大切に考え、撮影を通し、晴れの日をお子さま、ご家族の思い出、大切な成長記録、親からお子さまへの愛情の証として残すお手伝いをしています。笑顔を引き出す技術を習得した、「笑顔のプロ」のカメラマンがお子さまの最高の笑顔を撮影します。泣いていた赤ちゃんも途端に最高の笑顔に、とっておきの瞬間を逃しません。成長の節目ごとに写真に残すことで、それがお子さまとご家族の宝ものになります。“ニューボーンフォト”や“ハーフバースデー”などの新しい感覚のお祝いを取り入れながら、新たな撮影機会の提案を希望します。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

店頭、SNS、マスメディアなど、どんなメディアでも可です。とくにSNS上で、自然と拡散されることを期待しています。

(スタジオアリス イベント・プロモーション担当 森薫氏)

作品応募

作品応募にはログイン/応募者登録が必要です。

ログイン/応募者登録