コニカミノルタプラネタリウム

そうだ、プラネタリウムに行こう!―と、思ってもらえるアイデア

企業サイトへ

「PLANETARIUM」のボタンより詳細をご確認ください。

課題について

課題となる企画の目的・目標

日常生活の中にも、プラネタリウムという文化を根付かせること。「デート」など、特別な日のお出かけ施設としてだけでなく、1人でも、大勢でも、よりカジュアルに「プラネタリウムに行こう」と、気軽に想起されるためのアイデアを希望します。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

とくに平日に時間の融通が利く「学生」や、仕事帰りの「社会人」を、積極的に取り込みたいと考えています。

課題の訴求ポイント

著名アーティストとのコラボ作品を積極的に発表するなど、日本でエンターテインメントに特化したプラネタリウムです。来場者のアンケートでは、プラネタリウムの星空で「非日常」を体験できた、というコメントを多くいただきます。何より、都会住まいの方は、光害などにより、本来見えているはずの満天の星々が見られません。当社が提供する「限りなくリアルな星空」(本来、地球上で見られる星空)が、最大の特徴であり価値です。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

具体的に、施設来場(売り上げ増)につながる施策を募集します。リアルイベント、プレゼント施策から、デジタルを活用したPR施策まで、幅広く募集します。良い施策には、必要な予算を用意する予定です。

(コニカミノルタプラネタリウム 営業部・直営G/PR・広報担当 佐野大介氏)

関連記事

コニカミノルタプラネタリウムが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。