キングジム

電子メモパッド ブギーボードの「書いて消すだけ」というシンプルな機能を生かした、具体的な活用アイデア

企業サイトへ

課題について

課題となる企画の目的・目標

「ブギーボード」のこれまでにない用途をアピールすることです。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

ターゲットは限定いたしません。現状、日本国内では、法人向け販売が主流です。書いた内容がデータとして保存されないため、個人情報を扱う業者での使用や、簡単に書いて消せるので筆談ツールとしても使用されています。しかし、本製品が生まれたアメリカでは、一般向け需要が中心で、家庭でのメモ書き、子どものお絵かきツールとして活躍しています。プレゼントで贈られることもあるようです。

課題の訴求ポイント

「ブギーボード」の機能は、「書いて消す」だけ。紙に文字を書くような書き心地で、電子デバイス特有のタイムラグを感じることはありません。また、ボタンひとつで書いた内容を瞬時に消去でき、電池交換なしで3万回~5万回、消せます。軽くて薄いため、持ち運びも便利です。一部のモデルには背面に磁石がついており、冷蔵庫などに貼り付けて使用することも可能です。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

「書いて消すだけ」という、シンプルな機能からもたらされるベネフィットを活用した、具体的な用途の提案を期待しています。ニッチな用途でも構いません。告知チャネルや、販売チャネルは問いません。

(キングジム 広報室)

関連記事

キングジムの「boogie board(ブギーボード)」が望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。