カルビー

「子どもたちが小さいサイズのスナック菓子やじゃがりこを買いたくなる」アイデア

企業サイトへ

課題について

課題となる企画の目的・目標

子どもたちに、カルビーの商品を自ら手に取ってもらえるようになることがゴールです。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

スナック菓子市場は横ばいか、微増が続いています。ただし、小学生以下の子どもたちにとってカルビーのお菓子は、親が買ってきて、いつも家にあるものになっています。子どもたちがお店で自ら手に取って「買う」「買ってもらう」。カルビーはそれを目指します。

課題の訴求ポイント

ロングセラーブランドならではの、王道感・安心感を用いた企画だけではなく、子ども目線で「きちんと届く」アイデアを希望します。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

カルビーのお菓子は「笑顔」をお届けします。子どもたちが自発的に商品のパッケージを手に取り、遊べるようなしかけや、製品自体で楽しく遊びながら食べられるアイデアを募集します。子どもたちの間で話題になり、口コミで広まるような企画、パッケージや店頭で実現できる企画をお願いいたします。想定予算は500万円~1000万です。

(カルビー マーケティング本部コミュニケーション部部長 野堀和哉氏)

関連記事

カルビーが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。