アサヒビール(生ビール)

飲食店さまで生ビールをもっと飲みたくなるアイデア

企業サイトへ

課題について

課題となる企画の目的・目標

飲食店さまでの「飲む機会」が増え、「生ビール」をワイワイと楽しんでいただくシーンを増やすことです。

市場の背景、動向や想定ターゲットとターゲットの特徴

飲食店さまでの注文はサワー類、ハイボール、カクテル類などへ一部シフトしているようです。一方、消費者調査などでは生ビールの飲用意向はまだまだ高いため、飲まない方が増えたというより、一人当りの飲む機会と飲む杯数の減少が要因として大きいのではと考えています。

課題の訴求ポイント

楽しい気分になるため、食事をよりおいしく楽しむため、気分転換のため、リラックスするため、コミュニケーションを深めるため…など、飲食店さまで生ビールを飲む目的や価値は多様です。これらの価値をさらに高め、「生ビールで乾杯したい」「もっと生ビールが飲みたい」と思っていただけるような企画をお待ちしています。

企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点

手法は、デジタル、アナログを問いません。アサヒグループは、酒文化の健全な発展を目指すとともに、アルコール飲料の特性を認識し、適正飲酒の推進に組織的かつ継続的に取り組んでいます。飲酒運転、未成年者飲酒、妊産婦飲酒、イッキ飲みなど不適切な飲酒を助長しないようご配慮いただければ幸いです。

(アサヒビール 業務用統括本部 西門紀昌氏)

関連記事

アサヒビールが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

企業オリエンテーションの様子を動画でご覧いただけます。当日配布した資料も合わせてご覧いただけるので、企画書作成の参考にご覧ください。

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。