ミニストップ

多数の競合店を通り過ぎ、わざわざミニストップへ行きたくなるようなアイデア

企業サイトへ
画像クリックで拡大

課題について

募集する企画の目的・目標

ミニストップが今後も成長していくため、生活者により頻度高く利用していただくことが目的です(客数もしくは客単価の増加を目指します)。

市場の動向や、想定ターゲットとその特徴

各チェーンは積極的出店をするよりも、こだわりの商品開発やイートイン設置、サービス導入を行うことで、生活者を飽きさせない工夫に力をいれています。ファストフードやイートインといった部分は他社にキャッチアップされコモディティ化。ミニストップという特徴が日に日に薄くなってきています。コンビニエンスストアという特性上、ターゲットは全方位となりますが、今後獲得していきたい層はF1-2、M1です。

商品やサービスの訴求ポイント

ファストフードはミニストップの武器の1つであることは変わりません。ソフトクリームやパフェ、ハロハロといったコールドデザートだけではなく、2021年は家庭での利用を想定した店内加工総菜の販売にも力を入れていきます。また、21年9月にはアプリのローンチを予定しております。

表現上のトーン&マナーおよび注意点

1.店頭 2.アプリ 3.SNS を活用した自由な発想でのキャンペーン・集客施策をご提案ください。ただし、店舗スタッフに何かをさせること(店舗スタッフに業務が発生すること)は避けてください。

関連記事

オリエンテーションの詳細は、宣伝会議のWebメディア「AdverTimes(アドタイ)」でも公開中です。

ファストフード1本足から、日常使いの店舗へ(ミニストップ)/販促コンペ・企業オリエン

企業オリエンテーション

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。

応募者登録/ログイン