リクルートマーケティングパートナーズ

勉強するなら「スタディサプリ」と高校生に思ってもらえる企画

企業サイトへ
画像クリックで拡大

課題について

募集する企画の目的・目標

新しくスタディサプリで勉強する人を増やすことが目的です。目標は、定期試験や大学受験に向けて勉強する高校生全員が、スタディサプリを使ってくれている状態。

市場の動向や、想定ターゲットとその特徴

オンライン学習サービスは、使ったことはないが「なんとなく不安」「質が悪そう」と思われることがあるため、勉強しようと思ったときの選択肢にあげてもらえません。そのような高校生の方々に、勉強するなら「スタディサプリを(も)使わないと!」と思っていただきたいです。

商品やサービスの訴求ポイント

スタディサプリは、高品質・低価格のオンライン学習サービスです。大手予備校出身の一流講師陣の授業動画が、小4~高3までの5教科18科目を受講し放題。スマートフォンでいつでもどこでも、月額980円から受講できるので、百人百様の使い方ができます。

表現上のトーン&マナーおよび注意点

スタディサプリ高校講座・大学受験講座が対象です。ベーシック、合格特訓の2コースがありますが、どちらをご利用いただいても構いません。スタディサプリ進路は対象外です。

(リクルートマーケティングパートナーズ オンラインラーニング事業推進室マーケティンググループ 中根将太氏)

関連記事

教育商材として「認知」と「信頼」を得る/第11回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。