日比谷花壇

日比谷花壇でお花を買いたくなるアイデア

企業サイトへ
画像クリックで拡大

課題について

募集する企画の目的・目標

日比谷花壇でお花を購入されたことのないお客さまが、思わず購入したくなる、素敵な企画を目指しています。

市場の動向や、想定ターゲットとその特徴

花は多様なシーンで利用されていますが、いまだぜいたく品のイメージが強く、日常的な利用は敬遠されがちです。特に若年層は購入回数が少なく、当社の利用者層やブランド認知の平均年齢は年々上昇しています。

商品やサービスの訴求ポイント

当社は東京を中心に全国85店舗あり、オンラインでも販売しています。また、品質にこだわり、アフターサービスにも力を入れています。花は季節性が高く、季節や旬を感じやすい商材です。ギフトシーンにおいては、好き嫌いが比較的少なく、飾ったときや、もらったときの高揚感も高いという特徴があります。品質へのこだわり、アフターサービスにも力を入れています。

表現上のトーン&マナーおよび注意点

今回は新商品の開発ではありません。あくまでも、贈りたくなる、飾りたくなる企画の募集です。日常生活のなかで取り入れやすい企画をいただきたいと思います。予算は100万円~500万円。自宅用、ギフト用などのニーズ、活用するメディアや手法は問いません。

(日比谷花壇 イノベーション推進本部 チーフ 吉田貴之氏)

関連記事

“花”を「ぜいたく品」から「日常品」へ/第11回販促コンペ | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

企業オリエンテーション

作品応募

作品応募の受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。